東名電子株式会社
HF-8014A

2008.12.20 up
ROCKWELL COLLINS HF-8014A  HF 4ch エキサイター 100mW

※写真をクリックすると、大きなサイズで写真をご覧いただけます。

詳細

HF-8014A は同時に4チャンネル(USB UUSB LSB LLSB) の信号を送信できます。HF-8010Aは2チャンネルです。
アンプはROCKWELL COLLINS HF-8020 HF-8021 HF-8022 HF-8023に接続できます。
HF-8021 (208U-3Aの後継機) HF-8022 (208U-10Aの後継機)は4チャンネル同時送信に対応して余裕のある歪みの少ない真空管を使用しています。
他のアンプを仕様する場合はコントロールユニットを自作する必要が有ります。
DDS バージョンは後期版でDDSユニットの故障が多かったと聞いています。
周波数は2MHzから30MHz モードはUSB  UUSB LSB LLSB  AM  CW で200MW PEP IMD3は-50db以上/200mwPEP 
1チャンネル使用時です。 SSBの帯域幅は150Hz〜3150Hz(3dbダウン) と少し広いので、アマチュア無線で使用する時はローパスフイルターが有った方が良いと思います。
写真(右)の周波数カウンターはオプションです。

HF-8014A DDSバージョン(左) HF-8014A PLLバージョン 4CH 実装(右)

上からHF-8014A HF-8054A WJ-8718A(左) PLLタイプのHF-8014A(右)

DDS タイプのHF-8014A 2ch リモートコントロールボード付の中身(左)
DDSシンセサイザー部 (国内ではあまり見かけません) (右)

PLLタイプ 沢山のPLLユニットが入っています。 (左)
PLLユニット 10Hz 100Hz 1KHz 10KHz 100KHz が有ります。(右)

左から、周波数スタンダードSWユニットとエンコーダーユニット(左)
シンセサイザーOUTPUTユニット (右)

DDS コントロール インターフェース (DDS)(左)  VFO/VCO モジュール (右)

標準信号発生とDDSユニット内のレギュレイター(DDS)(左)
オーデオアンプユニット (右)

コントロールユニット(左)  インターフェースユニット (右)

シリアルインターフェース(左)  パラレルインターフェース(右)

IFユニット と450KHz USBフイルター(左)
LSBフイルターユニット アマチュア無線機用の4倍位あります。 (右)

修理が終わったHF-8014A(左)  修理用中のHF-8014A (右)

ページトップへ